以前は、HTMLメールに対応していないメールソフトが多かったこともあり、文面が崩れてしまったり、容量が重くなってしまったりと敬遠されがちだったHTMLメール。
しかしスマートフォンを持つユーザーが増加し、インターネットの通信環境が快適になるにつれ、HTMLメールを受け取ることが一般的に広まってきました。

そもそもHTMLメールとは?

HTMLメールとは、電子メールの本文を、Webページのレイアウトなどに使うHTMLで記述したもの。通常の電子メールでは不可能な文字の色付けやフォントサイズの変更、画像の埋め込み、表の使用など、ワープロ文書のような表現が可能。
HTMLメールはテキスト形式で作成されるテキストメールとは違い、文字の色や大きさの指定から、画像や動画の挿入まで可能なメールのスタイルです。さらにはメール配信後のメール開封率の取得が可能です。
テキストメールでもリンクのクリック率の計測は可能ですが、HTMLメールの場合、メールを開封したかどうかの情報を取得できることが、マーケティングの観点からも、大きな特徴のひとつといえます。
HTMLメールは商品やサービスの情報を視覚的に訴求することができるため、BtoC、BtoBを問わず、幅広く利用されています。

HTMLメールのメリット

「・開封数、開封時間が確認可能」

HTMLメールではリンクのクリック数に加えて、テキストメールでは計測することが難しい、メール開封数、開封率が計測できます。
開封数が計測できるということは、メールのタイトル(件名)が当たったか、当たっていないかを判断することができ、次回メール配信のタイトル付けの改善を行うことができるため、結果としてメールマガジンの成果を高めることに寄与します。
また、HTMLメールの場合、メール開封された時間帯も計測することができるため、自社のユーザーに最もメールが読まれやすい時間帯を把握することができ、次回以降の配信時間を最適化することができます。

「・商品やサービスの情報を視覚で訴えることができる 」

HTMLメール最大のメリットは、その表現力にあります。ホームページと同様に視覚的に優れたメールを作成して、訴求することができます。それまでできなかった文字の色付け、フォントやサイズの指定、画像の埋め込み、表の使用などが可能となります。

リンクをクリックしてもらいやすくするためにバナーを設置したり、商品のビジュアルをわかりやすくするために写真を挿入したり、これまでのテキストメールでは伝えきれなかった、様々な表現が可能になります。

文字ばかりよりも写真や色がついた文章を
読みやすいと感じる人はわりといます。
忙しい隙間で読んでくれる方には
すぐに目に着くという点でインパクトも大きくなります。
よって印象をつけるには効果的に使われています。

HTMLメール配信で確認すべき「マーケティング」

関連するまとめ

Adobe Stock(アドビ システムズ)でお小遣い稼ぎ|上手なちょっとした活用術

Adobe Stock(アドビ システムズ)は5500万点以上の画像素材が手に入る。Photoshopなどの…

まとめ編集部 / 1196 view

お金に愛される法則

お金に愛される法則をまとめてみました。

まとめ編集部 / 1595 view

多くが悩む集客|目的は一致していますか?がんばっても集客できない人向け

中堅・中小企業・いえ個人であってもマーケティングの悩みは「集客」とこたえるところが多いでしょう。「がんばって…

まとめ編集部 / 691 view

関連するキーワード