今は、多くの人が40年以上働く時代です。心も体もよく動く、人生の一番良いときの大半は、仕事をして過ごすのです。その長い時間を、生き生きと働くか、嫌々ながら会社に行くか......あなたなら、どちらを選びますか?
そもそも仕事とは「楽しくやる」ものです。自分が主体になって「楽しくやる」のです。本来、仕事とは楽しいものですし、「楽しくやる」ものなのです。

 上司についていけない、市場が良くないなどと周りのせいにして不満を言うのではなく、自分が主体となって仕事を変えて「楽しくする」のです。
仕事のあるべき姿を考え、あるべき姿に自分の仕事観や仕事のやり方を変えるのです。それは、私のように独立して小さな会社を経営している人間だけでなく、会社勤めの人でも十分にできることです。
仕事は本来、楽なものではありません。楽で簡単な仕事はだれでもやれますから、もっと安い給料で働いてくれる人や、優秀な機械にすぐにとって代わられてしまいます。それでは、なかなか楽しむこともできません。

「浸かる」

40年間を楽しく働くためには、仕事にどっぷり浸かることです。適当にやった方が苦しまなくていいのでは、と思うかもしれませんが、そうではありません。

仕事仕事に追われているときは気が付かないものですが、
勤めからいったんはなれて見つめなおすと見えることがあります、

しかし、独立してみて、人はこんなにもエネルギーが出るものなのかと気づきました。
独立してすぐのころは、明日どうなるか分からない、本当に食べられなくなるかもしれないというような心境でした。でも、不思議と楽しいのです。未来にチャレンジしているような気がして、自然とエネルギーがわいてきました。エネルギーの本当の出し方が分かったと言えるかもしれません。
そういう点から見ていると、会社の中で指導的立場になっていく人というのは、仕事への浸かり方が違います。企画書を書くにしても、宴会の幹事を頼まれるにしても、1つひとつのことを真剣にやるのです。

同じやるなら熱意

「お客さま第1」という言葉もよく耳にしますね。それも確かにすごく大切なことではあるのですが、それ以前に、まず、仕事そのものに熱中することが必要なのではないでしょうか。目の前のことにとにかく集中するのです。やれるだけのことを集中して精一杯やる。
大企業や安定した中小企業に勤めていれば、流されるように仕事をしているだけでも食べていけるでしょう。楽なように思えるかもしれませんが、それはとてももったいないと思います。その人にとってももったいないし、会社にとっても社会にとってももったいない。
どうせ40年以上働くのですから、適当に流されながら過ごすよりも、どっぷり仕事に浸かって自主的に働いた方が、毎日楽しいに決まっています。どっぷり浸かるなら、首までと言わず、息のできるぎりぎりの鼻のすぐ下まで浸かった方がいいのです。

自己犠牲の精神は不要

「仕事にどっぷり浸かる」という話をすると、「結局、自己犠牲が必要なんですね......」と思う人がいるかもしれませんが、そうではありません。自己犠牲は必要ありません。それでは長続きしないからです。自分だけが犠牲になって、周りの人や家族のため、あるいは会社のために働いても、それは長続きしないのです。

関連するまとめ

今さら聞けないFacebook(フェイスブック)の基本用語集|初心者向け

SNS全般に言えることですが、覚えて使いこなせるまでの壁は用語だと感じませんか?今回は(達人さんには不要かも…

まとめ編集部 / 2563 view

SNS投稿発信“事例つき”|ユーザーに受け入れられるポイント

SNSをブランディングに利用するのは、今はもうあたりまえになっています。最近ではビジネスで使い始める企業が増…

まとめ編集部 / 965 view

Facebook、Twitter、Instagram…ソーシャルメディア運用事例で特…

Facebook、Twitter、Instagram、LINE…沢山ある複数のソーシャルメディアを使いわけて…

まとめ編集部 / 2404 view

関連するキーワード