新しい企画に、新しいアイデア。ビジネスシーンにおいて「ひらめき」を求められる機会䛿は少なくない。

どんな瞬間に「ひらめき」を迎える?

デジアナ文具「Bambooスマートパッド」を展開するワコムは、日常生活の中で浮かぶアイデアに注目し、その実態調査結果をまとめたインフォグラフィック『2人に1人がアイデアを生み出すためにしていることは?~ひらめきの瞬間~』を公開した。

【 一番多い回答~「眠る前 ベッドやふとんの中」38.1% 】

人は心身がリラックス状態になると脳からα波が放出され、思考が活性化すると言われている。

【 二番目~「歩いているとき」30.0% 】
【 三番目~「お風呂やシャワーの中」25.3% 】

やはりリラックス状態とひらめきの関係は深いようだ。

ひらめきの「時間帯」

アイデアがひらめくのは寝る前やお風呂中と答えた人が多かったこともあり、時間帯としてはやはり「夜」に票が集まった。なお世界中に展開する名門ホテル・クラウンプラザホテルの調査によれば、1日の中で最もアイデアが浮かびやすいのは、22時4分になるそうだ。

認知神経科学者のクニオス氏とビーマン氏「ひらめく瞬間」

同書では、突如としてわき起こる洞察の邪魔にならないよう余計な想念を頭から取り除いておき、明視の瞬間に向けて普段から心のゆとりを作っておくことが重要だと説明している。

↑↑↑
認知神経科学で“遠隔連想”と呼ばれる発想が関わっているようです。

主に右脳で行われる情報処理のことで、無意識の連想が不意に意識内に浮かび上がってきた時に洞察が生まれる。これに伴い、右脳側頭葉が爆発的な活動を見せるという。
同教授はまた、気持ちを楽観的にして注意の範囲を存分に広げておくことが洞察を生み出しやすくする鍵だとも説明。

アンケート結果は認知神経科学という点からみても、
「ひらめき」がおきる瞬間や時間が一致しているようです。

では、「ひらめき」「アイデア」に苦戦しているときの対処法は?

関連するまとめ

成功する人の人間関係ドライかウエットか?|トップオブトップがどこで人間関係を切るのか

誰でも付き合うには無理があります。人とは実は「なんでも運ぶ入口」になります。人間関係はドライかウエットか構築…

まとめ編集部 / 3872 view

簡単にできる論理的に話す方法|頭がいい人の話し方は型で身につく

少々露骨な言い方かもしれませんが、口癖に頭のキレ具合を感じます。頭のいい人は、数十分話をするだけでわかります…

まとめ編集部 / 1795 view

疲労の正体“すべての疲労は脳が原因”|疲れているのは体じゃなくて「脳」だった!

疲労の原因というのは、「仕事」「ストレス」「運動」……様々な状況によって感じるものです。しかし、本当に私たち…

まとめ編集部 / 553 view