現在、オウンドメディアやFacebook、Twitter、インスタグラムなど情報発信ツールは無数に存在します。

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、英語のOwned Mediaのことで、「Own+Media(所有+メディア)」で所有し、自社の情報を発信するメディアです。
所有しているメディアですので、Webだけに限らずカタログや広報誌などの紙媒体なども含むのが一般的です。もちろんブログもオウンドメディアに含まれます。

上記の真ん中(ピンク)囲まれているのが範囲です。

上記の図に書かれている赤帯内
「トリプルメディア」は、オウンドメディアの他↓↓↓

また、オウンドメディアとセットで語られることが多いのが「ペイドメディア(Paid Media)」と「アーンドメディア(Earned Media)」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ペイドメディアとは、「Pay+Media(払う+メディア)」でリスティング広告やマス広告などでお金を支払い掲載するメディアです。

PPC広告やバナー広告といったほうがなじみがあるでしょうか。費用を支払い、効果を重視するメディアです。

アーンドメディアとは、「Earn+Media(評判+メディア)」でTwitterやFacebookなどのSNSなどで評判獲得や口コミの効果を狙うメディアです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3つを合わせたトリプルメディアの関係性

オウンドメディアとは?今からでも大丈夫!初心者でも分かる成功の指南書|ferret [フェレット]

オウンドメディアとは?今からでも大丈夫!初心者でも分かる成功の指南書|ferret [フェレット]

オウンドメディアは「自社がコントロールできるメディア」です。
他の、ペイドメディアやアーンドメディアとの繋ぎ役(ハブ)の役割になります。

簡易的な説明をしますと、

「ペイドメディア」…広告ですので、当然スペースには限りがあります。
限られたスペースの中で、自社の伝えたいことをどの程度発信できるでしょうか?
補えるのはオウンドメディアとなります。

「アーンドメディア」…は、ペイドメディアほど限られてはいません。
全体にもう少し自由ですし、字数もあまり制限されていません、
しかし、集中していうのならSNSは、素早さまも求められます。
その中で本当に伝えたいことを全部載せることができない場合もあります。
ここを補充できるのは、オウンドメディアの役割です。

ペイドメディアもアーンドメディアも、活かすためには自社からの情報発信が重要です。そのためにも、まず最初に自社で所有するメディアで自社の情報を掲載することができるオウンドメディアの重要性は高まる一方です。

オウンドメディアのブーム

関連するまとめ

SIPS(シップス)とは?~今さら聞けないマーケティング用語ハウツー12

「SIPS(シップス)」って、AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)とならんでマーケティング用語とし…

まとめ編集部 / 1353 view

現象を知る「バンドワゴン効果」とは? 今さら聞けないマーケティング用語ハウツー18

マーケテイング用語の中で、バンドワゴン効果は、よく知られている言葉だと言われているようです。購買欲が「外部要…

まとめ編集部 / 868 view

見方が変わる「パレートの法則」ってなに?|今さら聞けないマーケティング用語ハウツー2…

マーケティング用語でも聞く「パレートの法則」とは? 少し難しいと感じるかもしれませんが、知っているだけでも視…

まとめ編集部 / 1589 view